交通違反のその後の①と②

もうすっかり忘れかけておりましたが、
今年の2月にスモールライトオンリーでの交通違反で
1回目のTicket切られた後、
すっかりドタバタしておりました。
結果としては、ギリギリ予定内にTraffic School合格して無事終了いたしました。


本当は、Traffic Schoolに行くはずだったのですが。。。
そうこうしていて、もう丸一日時間を取れる日がなく、
結局OnlineでのTraffic Schoolで、夜2時間、5日間かけてお勉強しておりました。
そんなさなかに2回目のTicketももらい、踏んだり蹴ったりな、
Unluckyな週でございました。

でも、めげずに、まずは1回目のTraffic の勉強をしっかり、
辞書片手に。。。すっかり何度も文章見ていると、
普段覚えない単語を嫌がおうでも、何度も繰り返すうちに
覚えてしまっている私。。。
最終テストも、記憶とメモ書き頼りに、100%とはいきませんでしたが、
1問間違えで合格いたしやした。042.gif

かなりの達成感はあるものの、そこで喜べない私。。。

2回目のTicketのCourtからのNoticeがなかなか来ないで
悶々としていたら、やっと先週届きました。
相変わらず選択するところが4つあるが。。。

(1)Proof Of Correctionで$25
(2)To Pay Your Ticket (Bail Forfeiture)
(3)Request Court Appearance(Option)
(4)Traffic School

(4)はN/Aなので(1)-(3)だ。。
でもOfficerは、(1)のことを説明してたようだ。
ちゃんと違反を直したってことをOfficerにサインもらって、
Courtに証明を送って、罰金$25を払う。

とりあえず、Officerが言ったように、
近くのPolice Officeに行ってみた。
場所は我が家のDistrictにはなく、隣のSunnyvaleへ。
フィルムは1人で剥がせなかったので、旦那がこっちに居るときに
剥がしてもらい、ついでに一緒について行ってもらってと。
Officeの窓口は、相手は見えるが、プラッスティック(いや。。。防弾窓ガラス?)
で仕切られており、手前の電話器を使って会話するんだよねえ。。。
やっぱりアメリカの警察って感じがしたよ。

窓口の人は承知してたように、Proofには$33かかるけどいいねって。
(1)と(2)の違いを聞いてみたら、
(1)は証明書にサインもらったら、それと$25罰金をチェックで
Mailしなさいとのこと。
(1)で今証明書を取ろうとしているのに、
(2)なんて選択しちゃ意味がないって。。。
つまり、違反を直さずにお金で解決するっていう選択肢みたいなもんらしい。

で、待つこと5分。。。
見るからに本当にアメリカの警察官っていうOfficerが出てきて、
車のチェック。
あっさりサインしてくれて、
この証明書提出と$25はどうやって払うのかって聞いてら、
このOfficerからもわざわざCourtなんて行かなくっていい、Mailでって。
でも、念のためにコピーは取っておいてよってさ。

ということで、早速Mailすることにするよ。
[PR]

by yuki_choco | 2011-04-18 22:48 | 海外生活(日常のこと)